2008年3月 9日

マアジ

000586.jpg
標準和名:マアジ
学名:Trachurus japonicus (Temminck and Schlegel,1844 )
属:スズキ目アジ科マアジ属
宮崎地方名:?

特徴など:
しっかりした写真を写せてない事に今更ながら後悔だ。もっとも馴染み深い魚なのに。
そんなアジ科の代表種マアジについて。

ストアーでも、釣り対象魚としても、お魚としてはもっともポピュラーな魚。
美味しいから人気も衰えず、さばきやすく、防波堤からはサビキでファミリーフィッシングの目的魚、なんとも都合のよい魚だ。

アジは一般的に出回っているサイズが25~35Cm程度だろう。釣り対象としては、豆アジ(5~10Cm)アジ子(10~15Cm)コアジ(15~25Cm)中アジ(25~30Cm)アジ(30~35Cm)良アジ(35~40Cm)大アジ(40~)と勝手に判断してる。そんなもんじゃない?かな。

60Cmにも達するマアジが居るそうだ。釣れる場所は限られるよう。宮崎だといままで見た(聞いた)サイズは43Cmで自分で釣った魚としては42Cm。50Cmが釣れたと聞いたものの、マルアジだった。

アジにはキアジ型とクロアジ型と呼ばれ区別されているが、宮崎ではキアジ型を「シロアジ」と呼んでいる。遺伝子は一緒らしい。
居付き型アジがキアジ型で、回遊型がクロアジ型だそうだ。
居付き型は一定の場所で生活するから、大きく動かず太ってくる。割と浅瀬で生息するから体表も明るく白っぽいんだろう。

東シナ海の特定の場所で産卵し、海流に乗って春に日本の海岸沿に大量に稚魚が近づくらしい。日本の漁獲高を考えると、それはそれは凄い量だな。

ちなみにその名の由来も味が良いから「アジ」と言われている。地域によっては、このマアジ以外でも、美味しい魚はアジと呼ばれていたそうだ。
(最近は情報化が進み、そのような習慣も廃れているようだけど)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.fishing-forum.org/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1359

コメントする