2008年3月 9日

イトヒキアジ

002452.jpg標準和名:イトヒキアジ
学名:Alectis ciliaris (Bloch,1788 )
属:スズキ目アジ科イトヒキアジ属
宮崎地方名:?

特徴など:
アジ科の魚の中でも最も体高があるイトヒキアジは、幼魚・若魚の内は鰭先が異様に伸びている。(写真の如く)

鰭が長い訳は、幼魚時代は、その体型から動きが遅いものの、自分の姿を大きく見せ威嚇しているという説もある。

大きなものは1m近くにもなるが、それぐらいだと鰭も短い。
幼魚のうちは、面白い魚だという印象だが、大きくなるとロウニンアジと見間違うような勇ましい顔立ちだ。

この魚。宮崎ではジギングで大型が釣れる。
しかも釣れ出したら入れ食いになることもある。
大きな群れで生息しているのだろう。

岸からも時々釣れる。大きさの割りに体高のせいか引きが強く感じる。

この魚もストアーでずらっと並んでいる時もあるが、大きくはない。20~30Cm程度のもの。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.fishing-forum.org/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1362

コメントする