2009年6月28日

タコベラ

IMG_2999d.jpg
標準和名:タコベラ
学名:Oxycheilinus bimaculatus (Valenciennes,1840 )
属:スズキ目ベラ科ホホスジモチノウオ属
宮崎地方名:?

撮影者:あらら※釣り人マリトコ氏
撮影場所:日南市大島
撮影日:2009年6月
写真の魚のサイズ:11Cm

釣れた時、不思議な魚だと釣人と会話した。模様で言えばブダイようで、尾鰭が変わっている。お互いにモチノウオという名が浮かんだようだが見たことはない。ブダイの幼魚も見た事はあるがたぶん違う。写真持ち帰りとなり調べた結果タコベラに落ち着いた。

決め手は尾鰭の後縁の形状で、中央部の軟条が伸びて三つ又になっていること。地域的な色彩変異が多いようで、「日本の海水魚」で見ると色んな色彩があるのが判るのだが、その多くに、中心に小さい黒斑がある。しかし写真の魚では見えないというか目立たない。
逆に背鰭最前部に青と赤の模様がある。これまた不思議な模様だ。

モチノウオ科の代表としてはナポレオンフィッシュと言われる「メガネモチノウオ」が有名で、体長2mにもなるのだが、この魚の場合は約12Cmで成魚のようだ。
ただ、なんとなくベラ科なんだけど品格を感じてしまう。

最初に見た事がないと記載したが、仲間としては石垣島の釣行の際に「ヤシャベラ」は見た。これも同じグループのよう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.fishing-forum.org/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1622

コメントする